モバイル決済比較情報ナビ

iPhone, iPad, Androidなどのスマホ、タブレットでクレジットカード決済ができる!スマホ決済・モバイル決済の比較情報ナビです。

創業期のカード決済導入なら、POSや顧客管理まで無料で使えるsquare(スクエア)がオススメ

squaref:id:kamotak:20170713172250j:plain

飲食店創業期のシステムは、お客様が便利な仕組みを安く入れよう

システム導入は最初が肝心。長く使えるシステムを選ぼう

カフェや喫茶店、レストランなど、場所を借りて、内装を整えて、、、

準備にいろいろな手間がかかります。

 

きっとどんな人も壁に感じるのは「経理周り」

経理がやりたくて飲食店をオープンする人はなかなかいないと思います。

 

でも実際に運営していくと

「どんなものがよく売れているのかデータ分析して見てみたい」

「客層はどんな風になっているだろう?」

「支払いは、現金とカードどっちも対応できた方がいいよな」

「レジシステムは使いやすくてオシャレがいいな・・・」

と、色々思うことがあると思います。

 

でも

「システムは詳しくないから、後回し」

と、なりがちで、

「ちょうど営業に来て、ぱっと見良さそうだから入れちゃおう」

となることも多いのではないでしょうか。

 

しかし、ちょっと待ってください。

経理システムを一度入れたら、他のものに移行するのはとても手間がかかります。

あれもこれもやりたい、と思っても、それが簡単にできるとは限りません、。

サポートもいつまで続くか、問題があります。

 

本当は、自分のお店にマッチしたシステムを、楽に運用できるシステムを経理に導入して、それを長期間使えるのが望ましいですよね。

 

そう言う人に、幅広くオススメできるのが、「square(スクエア)」です。

 

square(スクエア)は無料でカード決済を導入できる

f:id:kamotak:20170713173112p:plain

squareは、android, iphone, ipadどれでも、イヤホンジャックに読み込みデバイスを差し込むだけで使えるカード決済システムです。

 

あなたがもしandroidタブレットを使って決済をしたい、とお考えでしたら、2017年7月現在android対応の決済システムはsquare(スクエア)だけなので、ぜひsquare(スクエア)を使ってみてください。

 

squareはデバイス代の4980円以外初期費用がかかりません。

しかも、2017年7月現在では、4980円のデバイス料金のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

対象は以下の4条件を満たす方です。

・対象期間内にSquareに新規アカウント登録した方
・対象期間内に所定の事業者からICカード対応Square Readerを購入した方
・対象期間の最終日から7日後までに審査に通過しSquareのサービス利用を開始された方
・日本国内に在住し、国内でのサービス利用が可能な方

 

例えば、個人事業でスタートするかた、リタイアして、小料理屋や喫茶店をやろうとしている方、あるいはすでに喫茶店を経営していて、カード決済があると便利だな、と思っている方には、もってこいのキャンペーンです。

 

キャンペーン対象のデバイスがなくなったら終了らしいので、きになる方はお早めにゲットしてください!

 

square(スクエア)は、カード決済手数料以外原則発生しません。

VISA(ビザ), Master(マスター), AMEX(アメックス), Diners(ダイナース), Discover(ディスカバー)は3.25%の決済手数料、

JCBは3.95%の決済手数料のみで利用できます。

 

通常、小規模店舗だと、5%以上の決済手数料が取られますので、3.25%と言うのは、とても魅力的な数字ではないでしょうか。

 

もちろん、現金決済だと手数料は発生しません。

その代わりに、現金管理と言う別の手間が発生して来ます。

 

小規模店舗にたくさん現金がある、と言うのはセキュリティを考えてもあまり望ましくありません。そうすると、可能な限りカード決済にして、店舗には必要最低限の現金を持っておく、なんて言う状況が一番良さそうですね!

 

また入金周期も、業界最速です。なんせ、翌日に入金してもらうことが可能なんです。

創業初期は、キャッシュフローがとても重要。

そう考えると、入金周期が早いことは店舗のリスクを低減してくれる要因ですね。

きになる振込手数料は、「無料」!

 

決済があった翌日に、無料で振り込んでもらえる。

それがsquaremの決済です!

 

なので、アカウントを作りたいけど、開業は3ヶ月とか、半年以上先なんだよね、と言う方も使い始めるまで費用は発生しないので、アカウントだけとって、システムの使い方を学んでおく、なんて言うのも良いかもしれませんよ!

 

square(スクエア)はPOSレジや店舗管理も無料でできてお得!

f:id:kamotak:20170713174858p:plain

square(スクエア)には、アカウントを開設するだけで使えるようになる無料機能がたくさんあります。

 

無料機能その1 POSレジ(レジ、売り上げ分析、在庫管理、店舗管理)

まずは、POSレジ機能です。アプリをスマホかタブレットに入れるだけで、あっという間にレジに早変わりします。

しかもただのレジではありません。

 

現金受付はもちろん、売り上げ分析、在庫管理、店舗管理と色々なことを、一つにまとめてできてしまうのです。

 

もちろん入力はタブレット、iPadでやって、分析はパソコンでやる、と言うことも可能です。その使い方はあなたの使いやすい形で行えます。

 

売り上げ、在庫、店舗情報が一つにまとまっていると、それだけ的確な情報分析が可能になります。

 

「そんな便利なシステムなら、使うのが難しいんじゃないの?」

 

なんて思われるかもしれません。

しかし、心配ご無用。squareのシステムは初心者でも簡単に操作できるように設計されています。

 

「パソコンが苦手な人がレジをやるんだけど、大丈夫かな?」

 

と思われた方もご心配なく!

POSレジアプリを入れていただけると、その簡単さに驚くと思います。

 

もちろん困った時にはサポートセンターへ問い合わせれば色々丁寧に教えてくれるので安心ですよ!

 

無料機能その2 ブラウザ決済

Paypalのような、ブラウザ上で完結する決済システムも、squareは搭載しています。

こちらも利用は無料です。決済手数料だけが、カード決済の時と同様にかかります。

 

実店舗も持っているし、ECサイトも運営しているよ、と言うお店にはもってこいのサービスですね。

例えば、喫茶店で気に入ったコーヒーを自宅でも楽しめるように、豆の販売をECサイトでやりたいな、と思っている方は、ぜひ使ってみてください!

 

無料機能その3 請求書・継続課金

squareでは、メールでも紙でも使える請求書発行システム「square請求書」が使えます。

取引先情報や、製品情報を登録しておけば、数クリックで請求書が完成してしまうし、その支払い管理も便利にできてしまう優れものです。

 

取引は全部電子化されて、簡単に管理できるようにしたい、と言う要望に率直に答えているシステムではないでしょうか。

 

無料機能その4 外部アプリとの連携(クラウド会計など)

f:id:kamotak:20170713180012p:plain

squareは、クラウド会計のfreeeや仕入れのsuper deriveryなどとAPI連携をしています。

要は、簡単な設定だけで、会計や仕入れサービスとの連携が可能、と言うことです。

 

特にクラウド会計と連携できると、毎月の決算を出したり、税務申告書を簡単に作成できたり、と、かなり経理に係る労力が減ります。

経理にかかる労力が減ったぶん、商品開発や、宣伝に力を入れることができれば、店舗の売上が上がること間違いなしです!

 

商品開発や、宣伝も、店舗の売上情報、顧客情報を元に、

 

「自分のお店のお客さんに一番あったもの」

 

を考えることができます。

お店の良さを存分に発揮して、お客さんに喜んでもらえるようなお店の経営ができたら、とても嬉しいですよね!

 

そのような、喜びを作り出す支援をこんなに充実した機能とともに実現できるのがsquare(スクエア)です。

 

有料オプションも充実:オリジナルギフトカードで、リピーターを獲得!

f:id:kamotak:20170713180534p:plain

squareは1枚300円から、ショップオリジナルのプリペイドカードを作ることができます。

iTunesカードや、Amazonカードなど、ちょっとしたギフトに商品券ではなく、ギフトカードが選ばれる機会が増えてきました。

 

ショップオリジナルのギフトカードを作ることができれば、常連さんにお友達を連れてきてもらうことや、初めてきた人に繰り返し来てもらうきっかけづくりにもなるかもしれません。

 

なかなか、オリジナルギフトカードを作って導入するのは大変なので、これだけ簡単に作れてしまうと、他のお店との差別化にうまく働くのではないでしょうか。

 

無料機能も有料機能も充実して、お客さんにも便利を提供できる

経理周りの機能が充実して、しかも、お客さんにも、現金、カード、プリペイドカードと、多様な支払い方式を提供できる便利なsquare(スクエア)。

 

これから、2020年の東京オリンピックに向けて、どんどんキャッシュレス化が加速していきます。もともと、欧米の旅行客は現金決済を好みません。円への換金も面倒ですからね。

 

せっかく外国人観光客がくるタイミングが迫っているので、カード決済を導入して、その仕組みに慣れておく、と言うのは重要ではないでしょうか?

 

もし、店舗経営をして、経理周りをスリム化したい、カード決済を導入したい。

自分のお店も、キャッシュレス化に対応できるようにしたい、と言う場合は、ぜひsquare(スクエア)のアカウントを開設して、その便利さを味わってみてください。