モバイル決済比較情報ナビ

iPhone, iPad, Androidなどのスマホ、タブレットでクレジットカード決済ができる!スマホ決済・モバイル決済の比較情報ナビです。

モバイル決済サービス主要3つを徹底比較

f:id:kamotak:20180620155313j:plain

iPhoneやAndroidなどのスマホやiPadなどのタブレットに装着するだけでクレジットカードや電子マネー決済が可能になる「モバイル決済」の利用が年々拡大しています。

 

 

特に、2020年の東京オリンピックや円安による日本観光需要を獲得するためには、キャッシュレス化が非常に重要です。

 

そこで、手軽にクレジットカード決済を導入できる、モバイル決済サービスの主要プレーヤーである、「楽天Pay」「Square」「AirPay」を徹底比較します。

 

ざっくり3つの特徴紹介

 楽天銀行を使っていて、カードと電子マネー両方使いたい=>「楽天Pay」

 今日からすぐ使いたい、データ集計も簡単にしたい人、リピーターづくり=>「Square」

 中国人が多くAlipay(アリペイ)に対応=>「AirPay」

 

加盟店手数料、取扱いカードブランドはどのサービスも一緒

どの決済サービスを使っても、取扱いカードブランドは一緒。

VISAカード、MasterCard、JCBカード、アメックス、ダイナースクラブ、ディスカバーカードには全て対応しています。

 

楽天銀行と組み合わせ、電子マネーを使うなら楽天Pay(楽天ペイ)

f:id:kamotak:20180620155658p:plain

楽天Payはその名の通り楽天が運営するモバイル決済サービスです。

電子マネーへの対応が主要サービスで最も広いのが特徴です。さらに楽天ポイントにも対応しています。

楽天銀行と連携させることで、決済完了から翌日には入金してもらえるため、キャッシュフロー的にも非常に良いです。

ただし、楽天銀行以外では恩恵が受けられないので注意してください。


即日利用可能!全銀行手数料なし、翌日入金!無料で使えるPOSなど周辺サービスも充実したSquare (スクエア)

f:id:kamotak:20180620155956p:plain

Squareはアメリカでスタートしたモバイル決済です。

iPhone, Android問わず、イヤホンジャックに端末を挿すだけで使える手軽さが人気です。

Squareモバイル決済端末

また、白いクレジットカードリーダーがおしゃれで、
こだわりの店舗の人にも好んで使われています。

AirREGIとの相性バツグン!AirPay(エアペイ)

f:id:kamotak:20180620155603p:plain

AirPay(エアペイ)はリクルートの運営するモバイル決済サービスです。リクルートのAirシリーズと特に相性がよいです。

 

AirREGI(エアレジ)はアリペイに対応しているのも特徴なので、クレジットカード決済、電子マネー、アリペイなど多様な決済方式を導入したい人にとってはとても便利なサービスです。

 

クレジットカード決済を導入しないと40%売上を損している!

フリーマーケットやハンドメイドマーケットでも、クレジットカード決済を導入している人が増えています。電子マネーが使えないから購入を諦める、というパターンはまだ少ないと考えられます。

 

そのため、まずはクレジットカード決済を導入するのが重要です。

1000円以上の決済業種では、平均1.71倍も購買単価があがっているというデータが、クレジットカード協会の調査により明らかになりました。

f:id:kamotak:20180620155546p:plain

 

逆に言えば、クレジットカード決済を導入していない店舗は、導入店舗と比べて0.6倍の単価しかない、ということを意味しています。カードの決済手数料が4%弱ということを鑑みても、どれだけの差が生まれているかがよくわかります。

 

またこの結果は、クレジットカード決済ができるだけで、財布の中の現金の量に関係なく、「ちょっと高くても本当に欲しいもの」を買うようになる、ということを意味しています。

 

たしかに、ほしいと思った物があっても、財布の中身と相談した結果、手持ちが足りない、なんてことはよくあります。

しかし、お店にとってこれは
大きな売上の機会損失であるとともに、
顧客満足を得る機会も損失しているのです。

 

気持ちよく買い物できなかったわけですからね。

「クレジットカードだったら買えたのにな・・・」という人を減らすためにも、クレジットカード決済の導入は急務です。

 

 

個人事業主や小規模店舗ならSquareか楽天Payがおすすめ

個人事業主や小規模店舗は特に、キャッシュフローが大事です。

その点、楽天Pay×楽天銀行あるいは、Squareを使った場合、支払いが決済完了の翌日のためとてもスムースにキャッシュフローを作ることができます。

 

また、飲食店やサロンにとって、リピーターの存在は不可欠です。

お店独自の「ギフトカード」を作ることができれば、リピートの促進と、親しい人への紹介を一気にしてもらうことができ、とても便利です。

 

リピーター獲得の意味では、楽天ポイントよりも、「ショップ専用ギフトカード」が作れるSquareのほうが有効かもしれません。

 

電子マネーがどうしても必要なら楽天Pay

電子マネーに対応しているのはAirPayと楽天Payです。

2つの対応電子マネーを比較すると、
「楽天Pay」 = 「AirPay」+Edy+nanaco+Google Pay

となっています。

 

Squareはアメリカでは電子マネー対応しているようですが、日本では非対応です。

そのため、電子マネーの利用を考えると、「楽天Pay」一択です。

 

 

楽に導入して運用したいなら「Square」が一押し

電子マネーがないことだけ目をつぶれば、「Square」が総合点で優れています。

 

なぜなら、モバイル決済用のアカウントを開設するだけで、以下の4つの便利な機能が無料で使えてしまうからです。

 

「POSレジ」「ブラウザ決済」「請求書」「店舗管理」

 

また、有料オプションですが、

「従業員管理」「オリジナルギフトカード作成」もできます。

 

特にPOSレジについては、売上情報を全て集約して、管理・分析を簡単にしてくれます。

クラウド会計ソフトなど、会計ソフトと連携することによって、毎日の締め業務や、決算にかかる時間が大幅に削減されます。

また、全てデータで保存されているため、ミスも起こりにくいです。

 

「楽天Pay」「AirPay」の場合、他のPOSレジと連携する必要があるため、若干不便です。

このあたりの機能面を見ると、Squareが圧倒的に良いです。また、すでにPOSレジサービスを導入している場合でも、Squareは簡単に連携が可能です。

 

まとめ:簡単導入オールインワンはSquare、電子マネーは楽天Pay

3つのサービスを比較しましたが、
少額決済が多く、電子マネーが必須、という人は楽天Payが、

それ以外は、POSレジ・ブラウザ決済など、
多様なシステムを無料で使えてしまう「Square」が一番お手軽で誰にでもおすすめできるサービスです。